恵みの国マルシェ終了しました!

こんばんは、嫁です。

4日間に渡る恵那市役所 農政課によるイベント「恵みの国マルシェ」が終了しました!

 

里芋は30袋が嫁にゆき。

やっぱり落花生は即完売でした。

 

落花生っょぃ

 

今回日程があわず店頭に立つことはできませんでしたが
今後も恵那市の取り組み「たべとる」には全力でジョインしていきたいと思っています。

なぜなら

このヘッダーの写真たちを撮ってくださった羽根さんをはじめ、職員の方々の
『農業を”本気で”応援しているという気持ちがホンモノだから』です。

 

嫁と仕事をしたことがある方はわかるかもしれないのですが
よく「銭ゲバ」と思われてしまいがちです。
お金儲け最優先というか。
お金がついてこないことはやらないというか。

一部事実ですが(お金、というかお金の循環が大好きです)笑
今すぐお金になること以上に、将来自分の好きなひとたちが豊かになれる可能性があることをするのが大好きです。

豊か、っていうのはもちろんお金だけじゃないですし。
物質的じゃないってこともあるでしょうし。
結局、わたしの好きなひとがしあわせになればいいです。

個人的に興奮するのは「投資」した結果、そのひとが満たされるだけの幸福を得たという「リターン」があったことを知ったとき。
基本的に投資というのはすぐに回収できるものではないし、回収できるかどうかにも確実性がありません。
「投資」した結果「リターン」が得られるってことは、イレギュラーはあるにせよ「読みが当たった」ってことです。
読みが当たるのが、大好きです笑

 

というわけで、私は恵那市役所農政課と声をかけてくださった羽根さんにこれからも投資したいです。
好きだから。
ホンモノだから。
私まちづくりに関わり出した理由である「恵那山麓を持続可能な自治体にしたい」という思いの中に、実現させなければならない「持続可能な農業」の可能性を一緒に考えてくれる仲間だから。

 

ちょっと熱くなりすぎてうざったくなってきたのでこのへんで。

おつかれさまでした!

 

header photo : 羽根愛美さん

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です