Exhibition-40one’s ENDS

写真展 40one’s が終了しました。

ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。

 

作品について

 

今回はこの日の撮影から、セレクトしました。
A4 1枚分のスペースということだったので、ペラリ一枚貼るのにいいのは、という観点でセレクトをスタートしたわけですが
この日の彼女を伝えるのに1枚ではどうしても無理でした。
過去散々、セレクト力がないことで失敗をしてきたけれど、今回ばかりはどうしても、このすべてを伝えたい。できるだけ、確実にと思って意志をもってセレクトしてみました。

結果、複数の和紙に写真を印刷したものを糸で縫って展示。

めくる側にも意志を求めたくて、あえて「意図しないと」めくりにくいようにつくりました。
パラパラと簡単にめくれるようには、したくなかった。
1枚1枚をしっかり見た上で、やんわり透けて見える向こう側を期待しながら、めくってほしかった。

最後まで見ないひともいたでしょうね。とても見にくいから。

 

全部ゆっくりじっくりと、めくったひとだけに伝わる何かがあったと思います。
ありがとう。

 

展示の結果

たくさんのひとが見てくださって、たくさんのひとが票を入れてくださいました。
40one’sは抽選で40名が選ばれて行う本展示と、そこに落選した中からの希望者と主催者が招待したひとが飾れる無料枠というのがありました。

今回わたしはその無料枠に招待していただいて展示をしました。

本展示では来場者投票があり、ランキングが公開されるのですが
なんとその来場者投票を、わたしにしてくださった方がたくさんいました。
無料枠では1番の得票数だったそう。ありがたいことです。

 

gallery40のお客さんはとても若い人が多い。
そのひとたちの眼にどううつるのか知りたかった私としては、とても満足する結果になりました。

 

誘って下さったいなばゆたかさん、ありがとうございます。
暖かく迎え入れてくださったスタッフのみなさんも。
そして、出展者の皆様、Gallery40のお客様。みなさまありがとうございました。

 

おかげさまでここから踏み出すべき次の一歩を、胸を張ってあゆむことができます。

こっそりと作家名を英字表記にしてから一回目の、展示でした。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です