衆生性得 – 小島葵#017

 

 
 

Re:start

あのとき、かんじたことは紛れも無い事実で。
どうしたってあの”ピーク”とも言える前回の撮影を、たいせつにしながら生きている。

視界が色でチラついて、ひとつぶの雨と混じり合う時に
ああ、これはもうひとつのはじまりなのだ、と悟った。

 

セルフコントロール

わたしたちはよく似ている。
少しずつ知っていく性質のその端々が、わらっちゃうぐらいに。

わたしたちは時間と葛藤の積み重ねの先に全く別の価値観を形成していて、その事実を確認する度に不安になったり高揚したりする。
必要だから、逃げなかった。
こうして交わる時間が最高に幸福で、自由であることを、思わず神に感謝した。

 

 

小島 葵 #017 – 2018.4.11

http://twitter.com/65and66/

1 thought on “衆生性得 – 小島葵#017

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です