衆生性得 – 九野麿衣#026

 

25歳

昨日、3/30は彼女の誕生日で、四半世紀を生きた。
ただ、その事実だけを目の前にして淡々とおさめようと思っていたけれど
外を見れば満開のサクラ、だ。

例年、恵那山麓では4月一週目に咲きはじめ、4/10頃ピークになるイメージがあるのに
おいおい、まだ3月だぜ。
誕生日を言って「おお〜サクラの季節だ、いいときにうまれたね」なんて言われないでしょ、と確認した。
図らずも、花をめぐりながらはなしをする日になった。

 

遅咲きの華

何者になるのかは知らないけれど、彼女が咲く日は必ず来る。
わたしがそれでも撮らせてもらえるようにするには、わたしもそれなりに咲いていなければならない。

ひとつひとつを約束して、また時を待つ。

 

 

九野 麿衣 #008 – 2018.3.31

http://twitter.com/Qnomai/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です