Nart in 庭文庫

 

Nartがついに、本屋さんに並びました。

ついに、わたしを知らなくても、わたしのNartが読んでもらえる日が来たのです。
こうして、わたしの写真を、言葉を、認めて
そして大切なお店に「置いて」おこうと思ってくれるひとが現れて

わたしは幸福です。
みきちゃんももちゃんありがとう。

 

 

願わくば全部全部置いて、そしてそれが彼と彼女の暮らしを支える一助になれれば
最高なんだけどな。

そうなれるようにがんばろう。と改めて思いました。

 

あ、余談だけれどこうやってNartが庭文庫さんに置いていただけることになって決意したことがひとつあるので書いておく。
今後、Nartはわたしから直接買うか、恵那山麓内の大好きなお店(今は庭文庫だけ。ゆくゆくは私もお店を持ちたい。好きなひとがお店をするならそこにも置いてもらえたらいい)からしか買えないことにする。
Nartを買いたいから恵那山麓に行こう、と思わせられるぐらいの写真家になりたい。
Nartはセルフプレミア方式を勝手に採用しているので、どんどん値段が上がってゆく。
わたしがもうけたいからそうしているわけではないので、上がった分は地域のなんらかの役に立てればいい。

そうやって、自分にプレッシャーをゆるやかにかけながら、貢献出来るにんげんになりたい。

 

 

というわけで、庭文庫へお越しの際は是非よんでね。
ももちゃんのコーヒーも、美味しいよ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です