野焼き日和。

延焼を防ぐために水を撒く。

 

こんにちは、嫁です。
今朝は一家総出で野焼きをしました。

春だねえ。

 

野焼きの美学

農作業って、そのそれぞれがとても美しくて私はそれを写真に撮っているのが大変にしあわせなのですが
特に野焼きは別格に好きです。

何故かというと、それは確実に「自然のサイクルを人力で止める」という作業だからです。

日本の環境では、草原は放っておくとやがて森林に変遷します。
木の芽が出て、木が生えると、そこからまた種が落ちて木が生え、そして森になる。

実に気の長い話しですが、そのサイクルが田畑で起こらないようにやるのが野焼きです。

もちろん、農業的には農業害虫を焼き殺して越冬を防いだり、有機物を無機塩類にすることでどうたら(わからない)という効果もあるにはあるんですが
わたしはその自然のサイクルを止めていながら自然の驚異と戦っているひとたちを見るのがとても好きです。

そう、野焼きはあぶない。

 

風向きを見ながらほんのちょこっと、燃やしたい場所の下の方に火をつけます。

 

炎は上に上に登って行って、全体が焼けます。
(火が弱まりそうなときは燃え易い乾いた草を差し出して調整します)

 

 

こうやって風上(左手)から風下(右手)に向かってじわじわ焼きます。

このとき人間にできるのは火をあまり大きくしないように注意する事だけ。
水のタンクとじょうろを用意して見守ります。

こうして、ここは草原に戻って行きます。

 

1 thought on “野焼き日和。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です