Googleアドセンス、はじめました。

おはようございます!嫁です。

ITリテラシー弱いめながら、なんとかかんとか、このブログに広告を掲載できました。

ヘッダー画像の下や(このスクリーンショットだと「さくらのレンタルサーバ」のとこですね)
記事の至る所に表示されるようになりました。

ね、ちょっとね、邪魔だね。
内容は、皆さんが普段Googleで検索したりしていることから抽出された情報で選ばれているみたいです。
Koike lab.のサイトは「さくらインターネット」のサーバーを使っているので、メンテナンスのたびにググります。だからめっちゃ出て来る。

もしかしたら、表示する場所って自分で決められるのかもしれないんだけれど、
今はコードのお勉強をしている脳の容量がないので、ちょっとしばらくこのままです。
不快に思った方ごめんなさい。

 

それでも、広告を入れる理由

近頃はKoike lab.もたくさんのひとの力を貸していただいて、色んなご意見を伺うようになってきました。
一番多いのは「安すぎて価値が下がるよ」というもの。

農産物も、加工品も、Koike lab.はプレミアムなお値段をつけません。
夫婦揃って原価計算が得意なので、生活ができるくらいの、わたしたちにとってもお客さんにとってもちょうどいい価格を計算することができます。
だから、たくさん売りたいから安くしている、という図式ではないのです。

(ちなみに写真は、田舎にしてはちょっとプレミアムな価格かもしれません。都会と比べればもちろん安い。そこは小池菜摘個人の感覚の問題ですが、標準的なカメラマンよりも、良い写真を撮るという自負です。)

今の価格でも、わたしたちはちゃんと、生活できます。(売り切れれば、ですが苦笑)
プレミアム貧乏ですので、元々生活コストが低いこともあります。

 

しかし、今後雇用を生んだり、地域まるごと豊かになるシステムを構築していきたいという意志がある中では、今の利益率では厳しいのかもしれないね、という感覚がうまれてきました。

投資するための余剰金をどうやってうむか。

内部留保としての現金を、どうやって稼ぐか、と考えた時に、それをサービスの価格に上乗せするのは、なんだか違うな、と思います。
一般的にはそれをしてこそのビジネスなのであるけれど、Koike lab.はそういうビジネスがしたいわけではないんだなと。

Koike lab.の野菜やお菓子を買ってくださるひとには美味しいから食べる、の動機だけで十二分ですもの。それが、嬉しいんですもの。

そこは切り分けておきたいな、というわけで、すぐにでも取り組めるGoogleアドセンスをはじめました。
ページ=広告を見てくださった数で、サイトの持ち主に報酬が支払われるサービスです。
あんまり機会がないですけれど、一応Amazonアソシエイトにもアカウントを持っています。
所謂アフィリエイト。商品を紹介して、そこから買って下さった方がいれば、報酬が支払われるというやつですね。

 

今はまだまだつたないブログだけれど、
見て下さる方がひとりでも増えれば、Koike lab.の余剰金が増えて目指す場所へ一歩近づけるなんて夢のよう。
良い時代にうまれたなあ。

というわけで、ちょっと…いやだいぶ邪魔ですが、広告を置かせて下さい。

 

いつもありがとうございます!

 


ヘッダーの写真はムスメが撮影したものです。
2歳7ヶ月、意思をもって構図を決め、写真を撮れるようになりました。

彼女の好きな電卓(彼女にとっては携帯電話だそうですが笑)と、大好きなペンと、それからいつも使っているコップ。
これからが楽しみです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です